時間抽出の難しさ

記録の大切さ

ここ2週間、起床して就寝するまでの自分の動きを分刻みでノートに記録しております。ぱらぱらっと振り返ってみました。そこで思ったことは・・・
・最初の1週間はかなり細かく時間を区切って記録しているが2週間目から雑になっている。
→継続力の欠如→改善案として行動をカテゴライズして記録しやすくすることにしました。


「勉強」「家事」「仕事」「自分の身の回りのこと(身だしなみや健康系のこと)」「上記3項目以外の時間。これに合わせて、自分自身の体調やその日のメモなどを合わせて記録することにします。

2週間継続して記録作業をしてきた上で、自分自身の行動がおおまかに上記4項目+1でカテゴライズされることに気づいてきました。その割合を見ながら時間をいかに有効に使えるかを見える化していく必要があると思いました。今までのやり方では、計算が若干面倒です。そこは工夫改善をすることでより労力と時間を短縮できると思いますので今日から実行していきます。

振り返って感じたことは心身ともに元気な時は勉強時間の抽出がかなりうまくいきますが、体調が今ひとつの時は移動時間の勉強中に眠ってしまったりとかなりロスをしてしまいます。その誤差が下手をすると60分~70分ほどのロスが出てしまうというところです。

この3日ほどはまたしんどさがぶり返してきていて体のだるさが抜けきれないため、勉強効率が落ちていることを自覚しています。今日で10月も終わるのでかなり焦ってしまいますが、今日は幸い職場も外出業務なので、気持ちの部分でもリセットしながら移動勉強にも時間をとろうと思っております。

★勉強について
昨日からまた大好きな?(大好きと思い込んでいる)、クロマトグラフィー系の勉強に入っています。ガスクロマトグラフィー系の明細書を2件読みましたが、わりと早い速度で読み進めることができました。普段は「発明の詳細な説明」から読み始め、最後に「請求項」を読むようにしていますが、今回はいきなり請求項を読むことにチャレンジしてみました。それほど抵抗感はなかったです。平成8年の明細書ということもあり、わりと古い技術であることからも分かりやすいと感じたのだと思います。学会でも普通に話が出ていた内容も重複されていましたのである意味「復習」といった感覚でした。

それても用語など忘れているものもありましたのでそれらについてはもう一度ノートに切り貼り作業。何度もやると体で覚えます。一発で覚えようなんて無理ですから何度もやって脳と体に実感させるといったやり方ですが、これが血行役立つなあと感じています。

★マネタイズブログ
ネタはいろいろあるので隙間時間にメモをしていますが、ブログの体裁等の作業がまったく進まずです。早くやらなきゃという思いはありますが、失敗はしたくないので、時間をしっかりとれる休日に落ち着いて作業をしていきたいと思います。大切なことは忘れずに続けることですので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です