障壁が多いのが人生

セミコンジャパンも近いため半導体の勉強を進めていましたが、親の体調が今一つ回復しないため、今回は断念せざるを得ない状況となりました。翻訳祭に続いて参戦できずという悔しい状況ですが、やはり家族のピンチにはしっかり対応していきたいと思います。

幸い、当の親は割と前向きなのできちんと療養すればある程度回復し、普通の日常生活は送れるようになるという見通し。大切なのは寝たきりにならないよう、最善を尽くすこと。親が寝たきりになってしまうと今の自分自身の生活は回らなくなりますので。

というわけで、勉強の方はしばらくペースを落として続けていきます。低空飛行でも続けていくことが大切。やめてしまうとまた再開のためのエンジンをかけるのにものすごくエネルギーを要します。気分は落馬負傷の騎手?のようなもの(騎手やったことないくせに・・・)ですが、彼らも療養しながらやはり競馬を何度も見て研究して復帰に向けてリハビリしますので、そういう気持ちで勉強も取り組んでいこうと思います。

自分自身も倒れてしまわないように、今できることを精一杯やります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です