論理思考の原点が質問だなあ

新たな勉強

昨日は家族にいろいろ問題が起こりまして、勉強できずでした。こういうのは仕方ないだろうと思います。今日はなんとか時間を取り戻そうと。。。

さて、ミヒロ先生の「魔法の質問」を電車の中で視聴。質問をする力が身に付けば、会社組織の問題点が解決し、また個人レベルにおいては「自分で答えを見つける力」が身に付くというもの。

これまでいかに自分自身が本当の意味で「質問」をしてこなかったかということが分かりました。質問する力を身に付けるには、「相手のための質問」をすること。この力を身に付けると・・・

・特許翻訳者としてのリサーチ能力が各段に上がる。(Google検索がまさに「質問」というわけだ)
・文章を書く際も、読み手の気持ちを意識して書けるようになる。
・仕事に関わらず、家族同士のコミュニケーションもうまくいく。
・相手のモチベーションを上げることができる。

そして自分自身が気持ちに余裕を持つことで相手をねぎらうことができるようになり、それによって相手のための質問ができるようになり、組織の円滑な運営、そして業績が向上する、というわけですね。

いろいろなシーンで応用が効きます。MP3で音声もダウンロードできますし、ワークシートもついているので、なかなかお得です。何度か聞きながら習慣づけるようにしていくとよいと思いました。

それにしても「質問」ができるようになってから組織が健全化して業績回復したという事例もありましたが、結局は「質問」は論理思考の原点なのだなあと感じました。ただ、これを組織で実行して成果を出すには相当大変だったんだろうなあと。今自分がいる組織でこれをやろうとしたら、恫喝や脅しが習慣化している上司連中は発狂し始めるんだろうなあと感じました(笑)。

★ネタ出し
仕事中に少し時間ができたのでマネタイズブログ用にネタ出しと、このブログをはじめようとおもったきっかけについてメモを作成しました。短時間で頭に浮かんだことを書いたので支離滅裂。やはり自宅で落ち着いてマインドマップに落として思考を整理することが重要だと思いました。とりあえずはこのメモも無駄にはならないと思いますので使っていきたいと思います。

ブログの「有料テーマ」についてはまだ決められず・・ですが、明日集中して時間をとっていきます。

★半導体
Amazonで頼んでいた本が届きました!

図解入門「半導体のABC(技術評論社)」ですが、最初に購入した「半導体が一番わかる」よりなじみやすい感じがしました。ザッと読んでみましたが分かりやすく腑に落ちる部分があります。こちらはさくさく3日ぐらいで読んでしまおうと思います・・・が。また分からなくなって調べものをすると時間はかかりそうですが・・・でもスピードUpしていかなければ今後プロになったときに困ってしまいますのでやや負荷をかけながら読み進めていきます。

明日は病気にでもなって仕事をサボってドカ勉する予定です。こうでもしないと勉強時間がなかなかとれないので明日は時間を大切に頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です