アーカイブ

レジェンドに救われた瞬間

レジェンドに感謝

このところ、職場で心をえぐられるようなことが積み重なり、そんな気持ちを「自分なりに」振り切りながら特許翻訳者を目指して生きている。でも人間って弱い。職場に行けば心がむしばまれて「落ち武者」のようになって過してしまう自分がいて・・・それが負のスパイラルとなって、どんどん職場でよくないことばかりが起こってしまうんですね。基本的には「まあ、大丈夫さあ」と思ってポジティブに過ごしている私も、今日という今日はちょっとガクンときました。。。 続きを読む

競走馬的makibasanのプチ放牧日

メンテナンスデー

競走馬もいわゆる「連闘」(2週連続でレースに出る)では故障をきたしますが、人間も同じ。

さて、私、今日は早朝から「さあがんばるぞ」と机に向かったにも関わらず、むくみもひどくうっ血した感触がありました。このまま放置して勉強しても全く効率が上がらないと思い、今日は思いきって体のメンテナンスの日に充てました。

レバレッジ特許翻訳講座を始めてから朝型生活なので、まさに第一次産業的生活。
もっとマニアックな分野でいえば競馬的目線から・・・
競走馬の「トレセン的生活」と私makibasanの生活を重ね合わせてみる!

でございます。

続きを読む

思い出が凝縮された函館競馬場

トウカイテイオーと函館

2011年7月24日。トイカイテイオー、御年23歳(人間で例えると77歳ぐらい)。

サラブレッドはたいてい、25歳あたりをターニングポイントに体力的にも弱ってきます。トウカイテイオーに会えるのはこれがラストチャンスかもしれない。。。そんな思いで大阪⇔函館 日帰りを決行しました。

快く函館へ送り出してくれた夫に感謝の気持ちでいっぱいでした。

「オグリの時のように後悔したらダメだよ」

実は私はあれだけオグリキャップが大好きだったのに、生前に会うことが叶いませんでした。会いに行こうとしていた1週間前に他界してしまったのです。

そのことがあったのでトウカイテイオーには是非会いたかった・・・ 続きを読む

ディープインパクトの子供にインスパイアされて・・・

ご乱心にはご用心・・・

心乱れると集中力を欠くことを実感した1日でした。サラリーマン生活は様々な種類の「ノイズ」との戦いです。疲れがたまってくるとそういった「ノイズ」にやられます。平常心を保つことが勉強にも良い効果をもたらすので「ノイズ」は気にしない!

そのように心がけていたのですが、仕事終わりの最後の最後にイライラ度がうなぎ昇りに・・・。

職場を出たら、気持ちをまっさらに!をモットーにしていたのですが、今日は最後の最後に失敗してしまいました。

続きを読む

騎手と翻訳者

騎手という仕事と翻訳者という仕事

以前は「XX厩舎に所属」といった厩舎所属騎手が数多く存在しましたが、最近はフリーの騎手がほとんどです。
厩舎に縛られずに自由に活躍したいといったところから若手騎手も一定期間を経てフリーになる方がほとんどですね。

しかし、プロの世界は厳しい。。。

続きを読む

障害レースにはいろいろなストーリーがある

踏み切ってじゃんぷ~

今日はお目当てのお馬さんが東京4R「サラ系障害3歳以上オープン芝→ダート3100m」に出走ということで府中で応援です!!

と言いたいところですが、自宅で応援です(泣)。
早く府中に応援に行くわ!というような競馬セレブな生活を送ってみたいものです。
頑張らなくては・・・

さて、障害レースには物語が凝縮されている、と私は思っている! 続きを読む

明日は日本ダービー

思い出と現実が交錯する・・・

ブログのタイトルで謳っている以上は触れないわけにはいかない日本ダービー。

思い出のダービー馬は?

JKからJDになったばかりの私が応援したのはミホノブルボン。
小さな家族経営の牧場で生まれたミホノブルボン。
父マグニテュード、母カツミエコー。

栗東の坂路調教で鍛えに鍛え抜いた。
美しい筋肉美。 続きを読む

DeepなImpact

ディープショック

今日もTrados触ってみました。昨日より感触を掴めました。しばらくはTradosを触るのを毎日のルーティンにします。さもないと、IT音痴の私は忘れてしまいそうなのです。少しずつTradosを手なづけていきます。

あとはちょと訳あって・・・化学のドレミファをざざっと読みました。早く岡野の化学へ移行します。

本日の衝撃ビデオ
1678 ディープインパクトの子供に勝つ方法 続きを読む

JC(女子中学生)ホースは反抗期?

競馬の楽しみ方いろいろ

馬券勝負だけが競馬じゃない。

わずか数分に凝縮されたレースに様々なドラマがあります。一頭一頭の馬に沢山の背景があるわけです。一度、ひとつのレースを出ている馬の頭数の回数分(18頭出走していれば18回同じレースを1頭ずつ違う馬を目で追って見る)見たことがありますが、18頭分のドラマを見ることができます。ただ、かなり疲れます。 続きを読む

美しいアラブ馬

サラブレッドとアングロアラブ

田舎者JKだった私が競馬を見始めたときに驚いたこと、その1。走っていた馬が「サラブレッドだけではなかった」ということ。

今でこそ日本の競馬はすべて「サラブレッドという種類の馬のレース」だけになってしまい、レーシングプログラムには「サラ系3歳未勝利戦」とか「サラ系2歳新馬戦」と書かれています。 続きを読む